ごあいさつ

富岡賢治

エキサイティングな高崎。そして、詩情豊かで人情あふれる新しい高崎をつくります。

 市民の皆さまには、健やかに新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。

 昨年五月二日に市長に就任した私は、先ず大震災の影響により被害を受けた農業者や中小、零細企業等への支援を素早く行いました。そして、懸案であった倉賀野操車場跡地への企業誘致、地産多消を推進する高崎産農産物の首都圏キャンペーン、住宅リフォーム助成制度による市内関連事業者支援など、市民の生活と仕事を支える施策に精力的に取組みました。

 今年も昨年に引き続き、農業、商業、工業、サービス業をはじめとしたあらゆる高崎のビジネスを支援していきます。また、新しいビジネスの創出や企業誘致にも取組んで雇用の拡大を図っていきます。さらに、高崎に人を集め、ビジネスを活性化する都市集客施設の整備など、「新しい高崎」をつくる様々なプロジェクトに挑んでいきます。

 このような取組みを踏まえて、高崎経済の足腰を強くして税収を増やし、市民生活において最も大事な福祉、介護、教育、環境に力が注げるようにしていきます。

 私は、高崎を「上信越と首都圏を結ぶ一大中心都市」にしていきたいと考えています。そのためにエキサイティングで市民の感性を大事にした都市づくりをしていきます。皆様の一層のご理解、ご支援をお願いいたします。  2012年が皆さまにとり、希望に満ちた年でありますことを祈念して、新年の挨拶といたします。

高崎市長 富岡 賢治